【S】夜明けの花瓶|ポコヌルスタンプ

【S】夜明けの花瓶|ポコヌルスタンプ

【S】夜明けの花瓶|ポコヌルスタンプ

【S】夜明けの花瓶|ポコヌルスタンプ
¥550 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    3cm以内の厚みで小さめのダンボールかクッション封筒に入れてお届けします。

    全国一律 ¥280
SOLD OUT

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「asanel.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「asanel.net」を許可するように設定してください。

大好きな絵「夜明けの花瓶」です。
花瓶の中が私の森の家の近くの山のシルエットになっています。
あと少しで夜が明ける。
山のシルエットがふわっと光で浮かび上がります。
あの瞬間が好きです。
ただ美しい自然のシルエット。
その花瓶に庭で拾ってきた花を飾る。

-----------

イラストサイズ:10 × 20mm▷イラストサイズ
10 × 20mm

▷製品サイズ
W12 × D23 x H55mm
(※木で出来た手持ちのため1mm程度誤差有り)

-----------

万年筆や万年筆インクで絵を描きたいけど、
なかなか上手く描けない。バランスが取りにくい。

ワークショップやお店のお客さまからよく聞く声でした。

なぞり書きも楽しいのですが、紙が厚いと上手くできない。
そこで開発したのが

「ポコンとスタンプを押して、万年筆インクでちょこっと塗るだけで絵が完成する」
簡単イラスト術のスタンプです。

POCO:ポコンとスタンプを押す
NUR:万年筆インクでちょこっと塗る

ふたつの工程名を組み合わせて「ポコヌルスタンプ」といいます。

-----------

ポコヌルスタンプには3つのシリーズがあります。

(1)ライン
すべてイラストにアウトラインがあり、線の中を塗るだけで絵が完成する
とても簡単に絵が仕上がるシリーズ

(2)ニュアンス
一部の線がなく、隙間を万年筆インクで筆塗りすると
ニュアンスのあるイラストに仕上がる少し描くのが難しいシリーズ

(3)アクセント
イラストに重ねて押して絵にメリハリをつけるアクセントになるシリーズです。
方眼やドットなどシンプルなデザインです。
ゴールドやシルバーのインクで使うと華やかでしまりのあるオシャレな絵に仕上がります。


しっかり線のある絵で仕上げたい方や
まだまだ絵に自信がない方は「ライン」のスタンプがオススメ。
比較的簡単に描けます。

ゆるみのある絵に挑戦したい方は「ニュアンス」のスタンプがオススメです。
少し難易度は上がりますが、慣れるとすぐ出来るようになります。

リッチに仕上げたい、キラキラインクを使いたい方は
「アクセント」を組み合わせると素敵な仕上がりになります。

絵に優越はないので、好きな仕上がりタッチでスタンプが選べます。

-----------

ポコヌルスタンプの使い方

<線の中を塗って仕上げる場合>
① 油性顔料系インク(速乾がオススメ)のインクパッドでスタンプする
②しっかり乾かす
③線の中や空間を万年筆インクで塗る

<背景にゆったりしたテクスチャを入れる場合>
①万年筆インクで適当にニュアンスのあるカタチを塗る
②しっかり乾かす
③インクの上からスタンプを押す

【注意!】
インクパットと万年筆インクには相性があるので
練習の紙で一度試してそれぞれのインクが溶けないか、
不具合がないかを確認してから使いましょう。
万年筆インクの使い方は各メーカー推奨の使い方をご確認ください。
兎村文具店のKAKNUR INKは塗りに使っていただいてOKですが
インクパッドと相性を確認してご利用下さい。


オススメのスタンプパッドは「シヤチハタ スタンプ台」です。
HGN-2という型番になります。文具店などで販売しています。
通報する
SOLD OUT